口腔ケア2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数565
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    ロック方法行動予防観察看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    口腔ケア
    目的
    気分を爽快にし、食欲増進を促す。
    口腔内の汚れを除去し、細菌繁殖を防ぎ、二次感染を予防する。
    口臭の除去によって不快感をなくし、対人関係の円滑化をはかる。
    歯肉や粘膜の刺激により血行を促進し、口腔内の自浄作用を高め、生理機能を保持する。
    う歯、歯周疾患を予防する。
    口腔乾燥、口内炎症などの治癒促進をはかる。
    生活にリズムをつけ諸行動の動機づけとする。
    爽快感を得ることで自己の健康への意欲を高める。
    口腔内の観察の機会とする。
    正常な味覚を保ち食文化へのニーズを充足させる。
    対象
    疾病や障害により自力で清潔行動ができない患者、または口腔清潔行動は可能であるが清..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。