ムーア

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,701
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)視床下部・下垂体・副腎・交感神経系
    ①視床下部・交感神経・副腎髄質系
    手術侵襲は,求心性インパルスによって視床下部に到達し,交感神経中枢のカテコールアミン分泌支配神経細胞を刺激する.その刺激による神経インパルスは,脊髄の交感神経の節前線維を経て,脊柱の交感神経節で節後線維となり副腎髄質からカテコールアミン(エビネフイリン=アドレナリン,ノルエビネフイリン=ノルアドレナリン)を分泌する.このカテコールアミンは,重要臓器の血液を保持するという生体の恒常性に大きな役割を果たす.
    →すなわち,末梢血管の収縮を促進し,心収縮力や心拍数を増加して循環血液量を維持しようとする反応である(手術直後からの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。