ホルモン日内変動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,069
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    ホルモン看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ホルモン日内変動
    目的
    ホルモン分泌には律動的なバイオリズムが知られている。ACTH,コーチゾール分泌は朝に高く夜低いリズムを4時点の血中濃度を推定して測定する。副腎皮質ホルモン分泌過剰症、脳幹部の障害でリズムの異常がみられる。
    対象
    間脳下垂体副腎系異常者
    必要物品
    採血管(ACTH,コーチゾール、アルドステロン等)採血器具
    方法
    8時、12時、16時、20時、24時、翌日4時に採血する。
    注意事項
    患者は、検査前、30分以上の安静を保つ。
    24時間にわたる検査のため、患者の苦痛や不安に留意する。
    ACTHは、直ちに分離し、冷凍保存する。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。