グルカゴン負荷テスト

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数6,204
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    血圧糖尿病インスリン看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    グルカゴン負荷テスト
    目的
    グルカゴンは肝グリコーゲンを分解し、血糖を上昇させるが、同時にインスリン分泌作用がある。この作用を利用し糖尿病(1型、2型)、インスリノーマの診断、内因性のインスリン分泌をみる。
    対象
    糖尿病(1型、2型)、インスリノーマ疑いの患者
    禁忌
    褐色細胞腫の患者(グルカゴンはカテコラミンの分泌を促し、高血圧発作の恐れがあるため)
    必要物品
    グルカゴン(1mg)1V、生理食塩水20ml1本、20ml注射器1本、18G注射針1本、21or22G注射針1本、採血セット、採血スピッツ、ストップウオッチ
    方法
    検査終了まで絶食とする。
    前採血後、医師がグルカゴン1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。