カットダウン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,607
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    観察感染看護看護学

    代表キーワード

    看護学カットダウン

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カットダウン
    目的
    小さな皮膚切開にて表在静脈を直接露出し、抹消側を結紮し、中枢側に静脈内留置カテーテルを挿入して輸液路を確保する。
    適応
    救急時、確実に静脈を確保したい時
    経皮的静脈穿刺が困難または不確実で、確実に一定期間静脈内カテーテルを留置したい時
    中心静脈カテーテル挿入が必要だが経皮的には困難または危険な場合(中心静脈モニター、高カロリー輸液など)
    経静脈的にカテーテルを挿入し検査、治療を行う場合(一時ぺーシングカテーテル挿入、スワンガンツ挿入、右心カテーテル法)
    禁忌
    出血傾向のある患者
    合併症
    皮下出血、感染、発熱、点滴滴下不良、静脈炎、カテーテル切断、カテーテル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。