エコー下肝生検(第一内科)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,462
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エコー下肝生検(第一内科)
    目的
    肝疾患の病因や病状の進行度の正確な評価は血液検査、USG、CTだけでは限界がある。病因を明らかにしたり、進行度を正確に評価したりするために、エコーによる画像をみながら組織の生検を行い病理学的検査を行う。
    対象
    肝疾患の病因診断や進行度の評価などが必要な患者。
    禁忌
    高度の出血傾向がある例、腹水が多い例、うっ血性心不全や肝うっ血の著しい例、高度の閉塞性黄疸をきたしている例。
    予測される危険性
    生検部位からの出血、感染、アレルギー、ショック、隣接臓器の損傷(気胸、胆汁漏出)
    必要物品
    バードマックスコア針16G160mm.22mmタイプ5本、エースカット18G.2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。