エコー

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数366
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法目的観察看護看護学

    代表キーワード

    看護学エコー

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エコー
    腹部
    目的
    肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、消化管、腹部血管などの病変の有無、位置、大きさ、形状を調べる。
    必要物品
    ゼリー(冬期は温める)、バスタオル(覆布)、清拭タオル、ティッシュペーパー、カルテ(入院、外来)、X-P
    方法
    患者を仰臥位にさせ脚を伸展させる。
    腹部を露出させ、ゼリーを塗布する。 (この際、ゼリーで汚れぬよう下着にティッシュペーパーを2~3枚はさむ。)
    検査中、患者の一般状態を観察する。
    検査終了後、ゼリーを清拭タオルやティッシュペーパーで拭き取る。
    検査結果については主治医より説明があることを伝える。
    注意事項
    検査当日の朝は、絶食とする。少量の飲水や経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。