アルツハイマー病

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数382
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アルツハイマー病
    アルツハイマー病は,脳神経細胞の変性により脳神経細胞の減少がおこり、痴呆症をきたす。
    大脳皮質の脳神経細胞は破壊され,脱落し,死んでいく。
    アルツハイマー病の症状の特徴
    ①人格の崩壊が著明
    ②記憶障害
    ③多幸的
    ④運動・感覚機能は比較的よく保たれている
    脳血管性痴呆患者の特徴
    比較的末期まで人格や判断力は保持される②まだら痴呆③記憶障害
    ④感情失禁,⑤夜間せん妄,が特徴である。
    アルツハイマー病患者に有意に多くみられた病前性格
    ●わがまま,自己中心●がんこ,妥協しない●交際が狭い,社交的でない
    ●閉鎖的●気性が激しい,争いを辞さない●かんしゃくもち
    ●人にとけ込めない●臆病,..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。