PFD

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数320
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    酵素看護看護学

    代表キーワード

    看護学PFD

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PFD
    目的
    膵臓の疾患でその組織が破壊されると膵臓の機能が低下するとともに、膵酵素が血液中に大量に認められるようになる。膵臓の疾患が疑われる場合に外分泌機能,内分泌機能、膵癌の有無を調べる。その一つとしてPFDは外分泌機能を調べる検査で、膵臓中のα―キモトリプシンで特異的に分解され、腸管より吸収、肝臓で抱合を受け尿中に排泄される。この事を利用し、PFD試薬を服用後6時間の尿中の薬物排泄量を調べ膵外分泌機能の状態を知る。正常値は73.4%以上である。
    必要物品
    PFD試薬(10ml)1A、水、蓄尿がめ、検体ラベル2枚
    方法
    6時に完全排尿し、全量をコップに採取する(前排尿)。
    排尿後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。