ICG検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,434
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ICG検査 (ICG:indocyanine green)(第一・第二内科)
    目的
    色素の血中からの消失率、停滞率をみて、肝機能障害の有無と程度を調べる。
    対象
    肝機能障害を有する患者
    禁忌
    ヨードアレルギーがある患者
    予測される危険性
    ショック
    過敏症(嘔吐、蕁麻疹、悪心、発熱など)
    必要物品
    ジアグノグリーン(25mg)1~2V、5ml注射器1本、10ml注射器1本、注射針18G1本、翼状針22G1本、(第一内科のみ20ml注射器1本、生理食塩水20ml)、採血セット、採血スピッツ、ストップウオッチ、ヘパリン生食水
    方法
    朝は絶飲食とする。
    ジアグノグリーン25mgを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。