IABP

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数7,208
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    IABP (Intra-aortic Baloon Panping)
    目的
    心臓を機械的に補助し心拍出量を保持し循環系を維持すると同時に心臓の仕事量を軽減させ心機能の回復を図る。その作用は次の2つである。
    左室の拡張期にバルーンを急速に膨らませ冠動脈血流量を増加させる
    左室の収縮開始直前にバルーンを急速に縮め血管抵抗(後負荷)を低下させ心仕事量を軽減させる
    適応
    心原性ショック、重症心不全、難治性の心室性不整脈、開心術後の低心拍出量症候群、薬物治療でコントロールできない不安定狭心症、PTCA後の再閉塞予防
    禁忌
    高度の大動脈弁閉鎖不全、著明な大動脈病変の存在(大動脈解離、大動脈蛇行など)、心臓やその他の疾患で末期状態の場合
    必要物品
    IABP駆動と患者観察に必要なもの  心電図と動脈圧モニター、IABP駆動装置、IABPカテーテルセット
    バルーン挿入に必要なもの  皮膚切開縫合セット、滅菌デッキ(穴なし、穴あき)、局所麻酔薬、注射器、注射針、ヘパリン加生食、セルジンガー式イントロデューサーセット、加圧バッグ、圧トランスデューサーセット
    方法
    IABP挿入に先立って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。