基礎援助技術 シーツ交換の目的、方法、留意点、根拠

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数13,040
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    目的
    必要物品
    手順方法
    留意点
    根拠

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    シーツ交換
    目的:リネンを清潔なものに交換することにより、保温力、吸収力を高め、皮膚の排泄機能を正常に保つ。また、気分を爽快にする
    必要物品:シーツ3枚・ベッド箒・綿毛布・スクリーン・ワゴン(ランドリーバッグを結び付けておく)・枕カバー
    手順・方法 留意点 根拠 1) 必要物品を用意する。
    2) 患者に実施の旨を伝える。
    3) スクリーンをする。
    4) 窓を開け、換気する。
    5) 床頭台と椅子をベッドから離す。
    6) ベッドの車輪を内側に向け、ストッパーをかける。
    7) 枕元からマットレスを片手で持ち上げ、マットレスの下のリネンを全部一緒に引き出す。
    8) 足元のリネンをほぐしてベッド柵にかける。
    9) 主になる看護者がスプレッドを八つ折にし、椅子にかける。
    (1) 枕元のスプレッドの中央線を右手で持ち、そのまま足元へ折り返して二つに折る。
     (2) 左手でもう一方の中央線を持ち上げ、さらに二つに折る。
     (3) ベッドから離れてさらに二つに折り、椅子の背にかける。
    10) 副になる看護者が毛布をスプレッドと同様に八つ折にし、椅子の背にかける。
    11) 掛けシーツの上に綿毛布をかける。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。