「肝疾患の患者さんへ」のパンフレット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,063
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「肝疾患の患者さんへ」のパンフレット
    目的:
    肝臓の生理や働きを知ることにより病識を持ち、日常生活の注意点が理解できる。
    対象:
    肝疾患の患者
    主な内容:
    肝臓の働きと日常生活の注意点やアドバイス
    使用方法:
    患者へのムンテラ内容を十分に把握した上で行う。
    患者と一緒に読み合わせをし、質問、疑問があれば説明を加える。あるいは、患者自身が読み理解しにくいところ、不明な点に対して解答する。
                肝疾患の患者さんへ
    説明日:      月      日        説明者:  
     
    ♯肝臓とは
    体の中で最も大きな臓器です。成人で約1200gの重さがあり、肝臓へ流れる血液の量も大変多く、心拍出量の1/4~1/3が肝臓を通過していきます。
    肝臓は普通はごく一部の肝細胞だけが働いて後は休んでいます。しかし、万が一肝細胞の機能が低下した時には、残りの肝細胞が総出動し、フル回転で自分の役割を果たし続けます。これは、肝臓の再生能力が旺盛なためであり、このために他の臓器と違い病状が進んでも自覚症状(特に痛み)がない臓器なので、かなりすすんでからでなければ発見され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。