表「発作記録用紙」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,705
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    表「発作記録用紙」
    目的
    てんかん発作やパニック発作の有無、回数、程度等を記録することによって、詳細な状況を把握する。また、発作に関する看護介入の評価や治療経過にも利用する。
    適応
    てんかん患者やパニック障害患者で、時間的な発作状況を把握する必要がある場合
    必要物品
    発作記録用紙
    方法
    開始にあたって、目的や臨床上の必要性を十分に理解してもらい同意を得る。
    用紙は患者に渡し、基本的に患者自身が記録する。記録が不可能な患者や幼児の場合は看護者が記録する。(表は原則として患者のベットサイドで保管)
    横軸は月日、縦軸は時間として発作の有った欄に回数、程度(けいれんの有無、意識消失の有..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。