表「自己点眼表」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数655
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    自己時間内容看護看護学

    代表キーワード

    看護学自己点眼表

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    表「自己点眼表」
    目的
    複数の点眼薬のさし忘れとさし違いをなくし、セルフケアができるようにする
    対象
    複数の点眼薬がある患者
    高齢の患者で、繰り返し説明することが必要な患者
    初めて点眼薬をさす患者
    対象とする時期
    手術後初めて自己点眼を開始する時
    退院指導時
    入院後複数の点眼が開始となる時
    使用方法
    氏名、どちらの眼か、薬品名、どの薬品を何時に点眼するかを時間のところに丸をつけて、その中に点眼薬のふたの色をぬって表示し、その上で患者に説明する。
    内容を理解したか最初に患者に確認する。
    点眼内容が変更となった場合、1つならその表を修正、複数の場合は作成しなおして患者に説明する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。