培養(寒天培養)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数371
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    感染看護看護学

    代表キーワード

    看護学培養

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    培養(寒天培養)
    目的
    創傷部の感染の有無と、感染の原因菌を決定する。
    対象
    創傷部の感染が疑われる患者
    必要物品
    寒天培地(緑色と赤色)、滅菌ゾンデ(1本)
    方法
    患者に創傷部の培養の必要性を説明する。
    創傷部を露出する。
    医師は病巣の深い所を、滅菌ゾンデで擦過する。
    培地面を下向きにして、シャーレを持つ。
    医師はゾンデの先端で培地面を、2~3回なぞる。
    培地が乾燥しないようにシャーレのふたをして、テープでとめる。
    シャーレに患者の氏名、日付、時間、病棟名、材料名を記載したラベルを貼り、伝票を添えて速やかに細菌室又は研究室に提出する。
    注意事項
    緑色と赤色の寒天培地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。