肺がん患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数9,237
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    肺がん疾患患者の看護
    <看護>



    標 ・健康障害を自覚し、種々の不安を表現する事により不安
    が緩和する。
    ・検査の意義を理解し、意欲的に臨む事により、検査がス
    ム-ズに行われ、苦痛が緩和する。
    ・疾病に対して正しく認識し、闘病への意欲を持つ。
    ・手術に対する不安が緩和され、意欲的に手術に臨める。
    ・有効な呼吸訓練により、術後肺合併症が予防できる。 看





    ト ・心身の苦痛の緩和
    ・安楽な呼吸の保持
    ・不安の緩和
    ・有効な呼吸訓練の実施         O         T      E  備   考 1)呼吸状態
    呼吸数、リズム、深さ、呼吸音、異常
    呼吸の有無
    2)自覚・他覚症状の有無
    胸痛、咳そう、血痰、呼吸困難、倦怠

    3)呼吸困難の随伴症状
    血圧・脈拍・体温の変化、喘鳴、チア
    ノ-ゼ、発汗、冷感、頸部の表在性静
    脈の怒張、不安、疲労感、バチ状指
    4)不安の内容と程度(言動、表情)
    ①悪性のものではないか
    ②手術をするのか、手術への不安
    ③生命の危機感
    ④社会的役割
    ⑤家族、経済的なこと
    ⑥術後ICU入室について
    5)検査デ-タ
    胸部レントゲン
    気管支

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    肺がん疾患患者の看護
    <看護>



    標 ・健康障害を自覚し、種々の不安を表現する事により不安
    が緩和する。
    ・検査の意義を理解し、意欲的に臨む事により、検査がス
    ム-ズに行われ、苦痛が緩和する。
    ・疾病に対して正しく認識し、闘病への意欲を持つ。
    ・手術に対する不安が緩和され、意欲的に手術に臨める。
    ・有効な呼吸訓練により、術後肺合併症が予防できる。 看





    ト ・心身の苦痛の緩和
    ・安楽な呼吸の保持
    ・不安の緩和
    ・有効な呼吸訓練の実施         O         T      E  備   考 1)呼吸状態
    呼吸数、リズム、深さ、呼吸音、異常
    呼吸の有無
    2)自覚・他覚症状の有無
    胸痛、咳そう、血痰、呼吸困難、倦怠

    3)呼吸困難の随伴症状
    血圧・脈拍・体温の変化、喘鳴、チア
    ノ-ゼ、発汗、冷感、頸部の表在性静
    脈の怒張、不安、疲労感、バチ状指
    4)不安の内容と程度(言動、表情)
    ①悪性のものではないか
    ②手術をするのか、手術への不安
    ③生命の危機感
    ④社会的役割
    ⑤家族、経済的なこと
    ⑥術後ICU入室について
    5)検査デ-タ
    胸部レントゲン
    気管支..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。