脳波検査(EEG:electroencephalogram)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数905
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    時間睡眠看護看護学

    代表キーワード

    看護学脳波検査

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    脳波検査(EEG:electroencephalogram)
    目的
    脳の器質的及び機能的変化の有無を調べ診断の補助とする。脳波検査がもっとも役に立つのはてんかんの診断である。
    対象
    てんかん、脳外傷、脳性腫瘍、肝性脳症、睡眠障害など
    予測される危険性
    電極装着時のペーストによる皮膚炎など
    方法
    事前の準備
    賦活検査時、薬剤の必要な場合、主治医より指示を受ける。 (トリクロリール・メヂバール注・レスタミン注・10%フェノバール注)
    てんかん患者で抗けいれん剤を服用している場合、服用している状態で検査を行う。 (休薬により激しいてんかん重積症をひきおこす場合がある為、国際基準で決めら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。