熱傷患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,945
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    熱傷患者の看護< 看 護 >




    <Ⅰ度~Ⅱ度>
    感染を起こさず、創の表皮化が促進する.
    <Ⅲ度>
    循環動態が安定し、合併症を起こさない.
    必要な栄養が保持できる.
    創の感染を起こさず創の上皮化が促進する.
    創の処置が苦痛無く行なえる.
    精神的に安定し、現状を受け止め適応出きる.
    二次的障害、晩期合併症を起こさず回復する.
    必要な機能回復が図れ、セルフケア能力が高まる.
    看護のポイント <Ⅰ~Ⅱ度>
    疼痛、掻痒感の緩和
    感染予防
    創の表皮化促進
    <Ⅲ度>
    重症・ショックを起こさない
    感染予防
    晩期合併症予防
    苦痛、精神的緩和
    創傷治癒促進
    栄養管理
    社会復帰への支援          O          T      E   備   考 <Ⅰ~Ⅱ度>
    1)皮膚の状態
    ①発赤、腫脹、疼痛、熱感の有無、程度
    ②皮膚損傷の深度;水泡、表皮剥離、糜爛、潰瘍
    ③皮膚損傷の範囲
    ④疼痛、掻痒感の程度
    ⑤滲出液の性状、量
    2)バイタルサイン;発熱
    3)検査データ;WBC,CRP,血沈
    4)精神状態;不安の言動、睡眠
    <Ⅲ度>
    受傷直後から2週間
    1)受傷部位の把握と重症度;深度、範囲、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    熱傷患者の看護< 看 護 >




    <Ⅰ度~Ⅱ度>
    感染を起こさず、創の表皮化が促進する.
    <Ⅲ度>
    循環動態が安定し、合併症を起こさない.
    必要な栄養が保持できる.
    創の感染を起こさず創の上皮化が促進する.
    創の処置が苦痛無く行なえる.
    精神的に安定し、現状を受け止め適応出きる.
    二次的障害、晩期合併症を起こさず回復する.
    必要な機能回復が図れ、セルフケア能力が高まる.
    看護のポイント <Ⅰ~Ⅱ度>
    疼痛、掻痒感の緩和
    感染予防
    創の表皮化促進
    <Ⅲ度>
    重症・ショックを起こさない
    感染予防
    晩期合併症予防
    苦痛、精神的緩和
    創傷治癒促進
    栄養管理
    社会復帰への支援          O          T      E   備   考 <Ⅰ~Ⅱ度>
    1)皮膚の状態
    ①発赤、腫脹、疼痛、熱感の有無、程度
    ②皮膚損傷の深度;水泡、表皮剥離、糜爛、潰瘍
    ③皮膚損傷の範囲
    ④疼痛、掻痒感の程度
    ⑤滲出液の性状、量
    2)バイタルサイン;発熱
    3)検査データ;WBC,CRP,血沈
    4)精神状態;不安の言動、睡眠
    <Ⅲ度>
    受傷直後から2週間
    1)受傷部位の把握と重症度;深度、範囲、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。