内視鏡的静脈瘤結紮術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,309
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    内視鏡的静脈瘤結紮術 (EVL:endoscopic variceal ligation)
    目的
    静脈瘤を機械的に結紮し、静脈瘤に血栓性閉塞を起こさせ、壊死脱落させることで静脈瘤の再発防止を目的とする。
    適応
    食道静脈瘤に対しての適応
    出血静脈瘤
    出血既往のある静脈瘤
    red color sign(++以上)陽性の静脈瘤
    胃静脈瘤に対しての適応
    red color sign陽性
    びらん、潰瘍を認めるもの
    急速な増大傾向にあるもの
    禁忌
    大きな胃静脈瘤の場合はEVLは無効である。EISとは違い高度な肝障害、高度な腎障害や硬化剤・造影剤のアレルギーのある患者でも適応となる。 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。