内視鏡的胃瘻造設術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数802
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    内視鏡的胃瘻造設術
    目的
    経腸栄養目的
    イレウスに対する減圧目的
    脳血管障害患者に対する在宅医療目的
    適応患者
    咽喉頭腫瘍、食道腫瘍、胃腫瘍による経口摂取障害
    薬物誤飲や熱傷による食道狭窄、瘢痕
    小児の先天性食道狭窄、食道閉鎖
    経口摂取や経鼻胃管などによる誤嚥性肺炎
    脳血管障害、痴呆、頭部外傷などによる経口摂取障害
    神経筋疾患などによる嚥下困難
    癌性腹膜炎による悪液質
    新生児の先天性消化管奇形による胃拡張
    利点(経鼻胃管に比べて)
    胃食道逆流が起こりにくい(チューブが胃食道接合部などの逆流防止機構を障害しないため)
    誤嚥性の肺炎発症が少ない
    チューブの違和感が少ない ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。