内視鏡的胃ろう造設術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数855
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    内視鏡的胃ろう造設術 (PEG:Percutaneous Endoscopic Gastrostomy)
    目的
    食事摂取が困難な症例に対する栄養補給
    適応
    脳梗塞後の意識障害や中枢神経障害のための嚥下障害があり、経口摂取が不能でかつ長時間の栄養管理が必要と判断できる症例
    禁忌
    出血傾向のある患者
    上部消化管狭窄のある患者
    合併症
    創感染
    嚥下性肺炎
    チューブの目詰まり
    腹壁内胃液漏出
    必要物品(上部消化管内視鏡検査に準ずる他)
    胃ろう造設用キット、1%キシロカイン20ml、消毒セット一式(病棟より持参)、救急薬品、救急セット
    方法
    1.事前の準備
    上部消化管内視視鏡検..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。