内視鏡的異物適1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数151
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    内視鏡的異物適出
    目的
    緊急処置として、的確かつ迅速に異物を取り除く
    対象
    食道異物 高齢者のPTP異物が多い。その他、魚骨、義歯、硬貨、ボタン型電池、釘など
    気道異物 口内にある種々の異物を笑ったり、泣いたり、驚いたり、転んだりしたときに、誤って強い吸気とともに気管内に吸入された場合に起こる。15歳児までが全症例の3/4を占め、特に5歳未満児の異物事故が多い幼少児では豆類、玩具、成人では針や釘、義歯が多い
    検査前の対応
    何をいつ飲み込んだか把握する。高齢者、小児では状況がはっきりしないことが多く、付き添い者、保護者の注意深い問診が必要
    救急扱いとし、来院から診察、処置までを最短時間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。