AIH(配偶者間人工受精)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数265
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    AIH(配偶者間人工受精)
    目的
    男女いずれかの性器異常に基づく性交障害、乏精子症、壊死精子症、精子頚管粘液適合検査が常時陰性時、第2度無月経などにおいて貴重な排卵に成功した時などに、人工的に、腟、頚管、子宮腔又は卵管内に注射器等で精子を注入し受精させる。
    必要物品
    婦人科器械セット(桜井式腟鏡1、子宮ゾンデ1、マルチン単鉤鉗子1、摂子2)、腟綿球、金属シャーレ、5%ブトウ糖20ml、AIH用注入器(又は栄養カテーテル)、滅菌シャーレ、1ml注射器、精子
    方法
    シャーレに採取した精子を30分放置しAIH開始となる。(濃縮AIHは、精子が濃縮されるまで、さらに1時間程度要する。また、医師..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。