ABR(聴性脳幹誘発反応検査)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,046
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法目的看護看護学

    代表キーワード

    看護学ABR

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ABR(聴性脳幹誘発反応検査) Auditory Brainstem Response
    目的
    他覚的聴力検査として、乳幼児や精神発達遅滞などの障害のために一般的な純音聴力検査が施行できない場合や、詐聴や心因性難聴のように純音聴力検査ができてもその検査結果が信頼性に欠ける場合に用いる
    内耳から下丘に至る聴覚伝導路の異常を検出することが可能なので聴神経から脳幹病変を検出する指標となる
    方法
    検査の目的と方法を説明する
    電極をつける際、顔脂があるとつけにくいため、アルコールワッテで拭き取る
    体動の少ない仰臥位がより良い。睡眠の影響が少ないので安静が保てない幼少児の場合、トリクロリールシロッ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。