基礎援助技術 入浴介助の目的、手順、留意点・根拠

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数6,117
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    目的
    必要物品
    手順方法
    留意点
    根拠

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    清潔ケア:入浴介助
    目的: 皮膚を清潔に保ち、患者の気分を爽やかにし、不快を取り除く。また血液循環を刺激し、新陳代謝を促進する
    必要物品:バスタオル・タオル・石鹸(シャンプー)・シャワー椅子・新しい寝衣
    手順・方法 留意点 根拠 入浴前の準備
    1 患者に入浴の旨を伝える
    2 バイタルサインを測定する
    3 必要物品の用意をする
    4 浴室を温めておくと同時に湯の温度は※40~42℃ほどで用意する
    5 患者を浴室に移動させる
    6 患者の身体の自立状態に合わせて介助する
     1) 衣服の着脱
     2) 移動介助
     3) 身体の可動範囲
    7 シャワー椅子に腰を掛けさせ、シャワーの温度を調節する
    8 患者が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。