基礎援助技術 食事の介助

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,273
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    食事介助
    目的
    必要物品
    手順方法
    留意点
    根拠

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    食事介助
    目的
    ・食事介助を円滑に実施することにより、満足度の高い食事感覚を得、適切な栄養素を摂取する。
    必要物品:タオル(前掛け用)・おしぼり・食事・中枕(体位保持用)
    手順・方法 留意点 根拠 1) 病室に行き、患者に食事の時間になった事を伝える。
    2) 患者に事前に気分、食欲の有無、不安、緊張など精神的状態を把握する
    3) 患者に暑かったり、寒かったり、不快な匂いはしないか聞き、環境を整える。
    4) オーバーテーブルの上を整理して食膳を置ける様にする。
    5) 食膳の準備をする。
    (1)食膳を食札にて確認する
    (2)食膳に合わせて、患者が食べやすい様に細かくしたりする。
    (3)食膳に合わせ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。