頭痛について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数292
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    頭痛について
    筋収縮性頭痛
    ①精神的緊張
    →一般に攻撃やストレスがあると,頭頸部の筋肉を収縮させ、自己を守ろうとするメカニズムが働く.この筋の持続的収縮が頭痛を引き起こす。
    ②頭蓋筋の挫傷,頭頸部外傷(むち打ち症)
    →頭部外傷後遺症,頭部打撲の際の筋挫傷などによる疼痛のために筋の持続的収縮が起こり、その結果,頭痛を引き起こす・
    ③眼・耳・歯疾患、など
    →遠視、近視、乱視は、内眼筋の過緊張を引き起こし、二次的に周囲の頭蓋筋の収縮も引き起こす。耳や菌の疾患は,周囲筋の二次的収縮を起こし、その結果、頭痛が起こる・
    牽引性頭痛
    ①脳腫瘍
    →腫瘍は、硬膜,硬膜動脈、脳血管などを圧迫。牽引する。腫瘍が小さく限局している場合の頭痛は一側性であるが,腫瘍の増大に伴って頭痛の程度・持続時間は増し,長期化するものが多い。
    脳腫瘍の頭痛は,嘔吐,うっ血乳頭を随伴する場合が多く、眼の奥のうずくような痛みや圧迫感が特徴であり,早朝起床時からの自覚と努責や咳あるいは振塗で頭痛の増強がみられる
    ②クモ膜下出血
    →脳動脈癌、脳動静脈奇形などの血管破裂によるクモ膜下腔への出血は,脳の虚血を起こす。さらに、脳の虚血は、脳..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。