糖尿病の足病変

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,163
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「糖尿病の足」とは,細小血管障害,動脈硬化症、神経障害、易感染性など,糖尿病の特徴的病態が複雑に関与した結果といえる.下肢の自発痛(激しいしびれを痛みと称する例がある)の改善は,神経障害が進展したために感覚鈍麻に陥った場合にもみられる。感覚が鈍麻しているので,外傷に気づかない,傷があっても患部に対する免荷を怠る,自分で不潔な治療をする,などが傷を大きくする。それに感染が加わり,潰瘍や壊痕を形成する。
    足潰瘍
    糖尿病性足潰瘍は初期治療が大切であり,場合によっては足切断になる例も出てくる。また、再発予防が重要であり、潰瘍の原因をよく検討しておく必要がある.
    足潰瘍の原因は,大きく神経障害性と血管障害性の2つに分けられるが,頻度的には神経障害を誘因とする例が多い.足の感覚鈍麻や祉間筋萎縮により足底部の一部に不均等に体重がかかり、そこに胼胝(べんち=たこ)が形成される.汗の分泌障害も皮膚を乾燥させ,外傷を受けやすくしている。
    また,暖房器具による低温熱傷や靴擦れ,胼胝の不潔な処置などにより誘発される。問診および診察上,神経障害性と血管障害性との鑑別に有用である情報を記載する。
    1)神経障害性潰..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。