低血糖

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数703
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    低血糖
    病態
    血糖値が70mg/dL以下になった場合を低血糖といいますが、40mg/dL以下になると、意識障害が起こります。
    神経系はエネルギー源をブドウ糖に依存しているため、血糖値が低下すると、中枢神経系へのエネルギーの供給が不足し、痙攣が起きたり、意識障害に陥ることがあります。これを低血糖昏睡といいます。
    原因
    1.インスリン注射に関係した低血糖
    A インスリン製剤選択の過誤
    B インスリン注射量の過誤
    C インスリン吸収遅延による食前低血糖
    2.インスリン抗体あるいはインスリン受容体抗体が原因の低血糖
    3.胃の排泄障害が原因の低血糖
    4.腎不全患者の低血糖
    5.肝硬変患者の低血糖
    6.薬物服用による低血糖
    7.アルコール摂取による低血糖
    1)インスリン注射や経口糖尿病薬などによるもの
    インスリンや経口糖尿病薬の投与量が多すぎたり、投与時刻のずれによっても低血糖が引き起こされます。
    インスリン製剤の間違い
    とくに高齢患者でよく起こります。中間型インスリンと速効型インスリンの打ち間違いは、低血糖の原因となります。
    インスリン抗体やインスリン受容体抗体
    これらの抗体が存在すると、低血糖..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。