潰瘍性大腸炎患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数7,443
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    潰瘍性大腸炎患者の看護
     < 看 護 > ~潰瘍性大腸炎~



    標 ・腹痛、下血、下痢による身体的苦痛が緩和され、異常の早期発見、合
     併症の予防ができる。
    ・薬物療法の必要性と副作用について理解し、副作用出現時すぐに報告
    できる。
    ・ストレスや不安を最小限にとどめ、精神的に安定した状態で治療が受
    けられる。
    ・絶食の必要性が理解でき、守ることができる。
    ・病識が持て、日常生活の留意点がいえる。






    ト ・腹痛の緩和
    ・安静療法の援助
    ・薬物療法の援助
    ・食餌療法、絶食に伴う苦痛の援助
    ・合併症の早期発見、対処
    ・疾患と日常生活の留意点、知識の習得           O           T       E   備    考 1)VS
    2)腹部症状
     ①腹痛の部位、程度、腸蠕動
     ②排便状態;性状:下痢の有無、出血、下血
              排便回数
     ③食事との関連性:時間、摂取内容、量
     ④胃腸症状:食欲不振、裏急後重の有無
    3)栄養状態:体重、貧血の有無
    4)検査デ-タ:
      血液検査 WBC,RBC,Hb,Ht,
           PLT,GOT

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     潰瘍性大腸炎患者の看護
     < 看 護 > ~潰瘍性大腸炎~



    標 ・腹痛、下血、下痢による身体的苦痛が緩和され、異常の早期発見、合
     併症の予防ができる。
    ・薬物療法の必要性と副作用について理解し、副作用出現時すぐに報告
    できる。
    ・ストレスや不安を最小限にとどめ、精神的に安定した状態で治療が受
    けられる。
    ・絶食の必要性が理解でき、守ることができる。
    ・病識が持て、日常生活の留意点がいえる。






    ト ・腹痛の緩和
    ・安静療法の援助
    ・薬物療法の援助
    ・食餌療法、絶食に伴う苦痛の援助
    ・合併症の早期発見、対処
    ・疾患と日常生活の留意点、知識の習得           O           T       E   備    考 1)VS
    2)腹部症状
     ①腹痛の部位、程度、腸蠕動
     ②排便状態;性状:下痢の有無、出血、下血
              排便回数
     ③食事との関連性:時間、摂取内容、量
     ④胃腸症状:食欲不振、裏急後重の有無
    3)栄養状態:体重、貧血の有無
    4)検査デ-タ:
      血液検査 WBC,RBC,Hb,Ht,
           PLT,GOT..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。