超選択的動注化学療法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,856
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    超選択的動注化学療法
    従来の方法による栄養血管の同定法では
    深部腫瘍への薬剤分布の確認
    全ての栄養血管の確実な把握と動注量の配分が困難
    等の問題点があったが、 IVR-CT Angio-Systemを利用することにより
    栄養血管の選択造影下CT(CTA)の撮影により、腫瘍に対する当核栄養血管の支配域を濃染域として確認できる。
    腫瘍に対する複数の栄養血管の同定が容易となり、深部腫瘍への薬剤分布域が明瞭化する。
    複数の栄養血管への動注抗癌剤の適切な配分が可能となる。
    全ての栄養血管を網羅することによって局所制御率が向上する可能性がある。
    等の問題解決がなされる。
    目的(頭頚部領域の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。