超音波内視鏡検2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数225
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    超音波内視鏡検査
    目的
    食道、胃、十二指腸などの上部消化管の潰瘍、癌、出血などの病変の部位、範囲を確認し、場合によっては内視鏡下において処置を加える操作を行う。これにより、診断及び病態を知る。
    対象
    食道、胃、十二指腸などの上部消化管に病変があると疑われる患者、および精査が必要な患者
    検査前の看護
    患者に検査前日21時より飲食を控えてもらう。
    当日朝の内服は検査終了まで中止とする。
    インスリン施注をしている患者は、朝の血糖測定のみ行い、インスリンは打たないよう説明する。
    わからないことがある場合は、患者が納得できるまで説明を十分に行う。
    検査前に、入院カルテ、試薬、検査伝票を光..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。