超音波内視鏡検1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数238
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法看護看護学

    代表キーワード

    看護学超音波内視鏡

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    超音波内視鏡検査 (EUS: endoscopic ultrasonopraphy )
    目的
    従来の上部消化管ファイバースコープに、超音波診断機能を一体化したスコープを管腔 内に挿入し、(管腔内から)その周辺臓器を超音波診断するためである。
    対象
    粘膜下腫瘍(胃癌、食道癌)、直腸(結腸)腫瘍、胆嚢腫瘍
    適応
    胆嚢疾患や膵疾患の鑑別診断、消化管の癌の深達度診断や粘膜下腫瘍の局在の診断。
    消化性潰瘍の病体把握などに有用。
    禁忌
    (胃癌、食道癌の場合には、)高齢者や重篤な呼吸器疾患などで嘔吐に伴う誤嚥が危惧される場合
    予測される危険性・合併症
    誤嚥(咽頭粘膜表面麻酔使用のため) ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。