聴力検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数609
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    理解ボタン看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    聴力検査
    目的
    難聴の程度と障害部位を判定する。(伝音性、感音性、混合性)
    必要物品
    オージオメーター
    方法
    レシーバーを両耳にあてる
    機械的な音を聞き、気導、骨導を測定する。聞こえ始めた時点でボタンを押してもらう。
    注意事項
    検査が理解できるように、ゆっくりと、はっきりした声で説明する。聞こえにくい場合は、紙に書いて説明する。
    ボタンを押す要領が理解できるように、何度かボタンを押す練習をする。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。