注腸透視

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,362
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法神経時間不安汚染パン循環食事看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    注腸透視
    目的
    直腸より造影剤を逆行性に注入することにより、直腸、結腸、下部回腸の病変、形態異常を診断する。
    必要物品
    ダブルバルンカテーテル(中放)、50ml注射器(AIR用)、2.5ml注射器、注射針(22G、 23G)、アルコールワッテ、キシロカインゼリー、ガーゼ、ゴム手袋、穴あきズボン(中放)、注射薬(ブスコパン)、駆血帯
    前処置
    医師が放射線部に連絡し入力したか確認する。
    検査前日又は前々日の夕食より注腸食に変更する。
    医師により下剤が処方される。(マグコロール、ラキソベロン、プルゼニドetc)
    患者に食事指導、服薬方法を十分に説明する。
    検査が午後の場合、血管確保(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。