昼夜逆転はなぜ起きる

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,451
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    影響血圧睡眠時間生活活動病気ホルモン呼吸看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    昼夜逆転はなぜ起きる?なぜいけないのか?
    昼間に睡眠をとると眠気を起こすピークがずれ、夜間眠れなくなります。
    昼夜逆転の人は体内時計を狂わせさまざまな影響を与えます。
    ●人の体内時計は1日(睡眠と覚醒)を25時間周期で繰り返していますが、
    朝起きて「明るさを感じる、食事をする、社会生活に参加する」などの活動により24時間に調整をしています。
    ●昼間の睡眠(午睡)は、30分~1時間程度なら睡眠物質にさほどの影響はありません。しかし、1時間以上も寝てしまうと増加した睡眠物質が減少して、覚醒した時点から睡眠物質が増え始めるので眠気を起こすピークがずれていきます。ピークがずれればいつもの入眠時間に眠気..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。