脱臼 観察項目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数7,777
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報看護表現看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    脱臼
    s情報
    □鎮痛剤の効果についての表現
    □創痛および全身の疼痛に対する表現
    □疼痛
    □運動制限
    O情報
    □関節の転位
    口脚長差
    □術後日数
    □安静度と可動範囲
    口体格,性格,表情,態度,年齢
    口筋力の低下
    □危険行動の有無
    アセスメント
    ・手術侵襲と損傷を受けた組織や筋肉は,股関節を適切に支持することが困難となる
    ・不適切な肢位や体重負荷により脱臼を起こす可能性がある
    0-P
    ①良肢位の保持(異常な回旋はないか)
    ②異常な疼痛の有無
    ③大腿骨頭の上の膨らみ
    ④股関節Ⅹ-P所見
    C-P
    ①内転を予防する
        ・体位変換時,外旋外転中間位を保持しながら行う(3週間は外転装具使用)
        ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。