帯状疱疹患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数7,711
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    帯状疱疹患者の看護
    < 看 護 >




    1.適切な治療が受けられ、疼痛が緩和する
    2.感染を起こさない 看護のポイント ・心身の苦痛の緩和
    ・感染予防          O         T      E   備   考 1.
    1)皮疹の部位、範囲、程度、経過(小水疱、びらん、痂皮形成、脱落など)
    2)疼痛の有無、程度
    3)苦痛の訴え、表情、動作、態度、
    4)顔面、頚部に発症時は食事摂取量
    5)疼痛の随伴症状の有無と程度
    睡眠状態、疼痛閾値
    6)鎮痛剤の効果
    7)使用薬剤の副作用
    2.
    1) 皮疹の部位、範囲、程度
    2)皮疹からの浸出液の有無、臭い、量、性状など
    3)疼痛の有無、程度
    4)正常皮膚の状態
    5)掻痒感、灼熱感の有無程度
    6)擦過傷、ソウハ痕の有無
    7)治療薬の効果
    1)安楽な態度(痛みの少ない体位の工夫)
     患部が直接当たらない体位
    2)共感的態度で、痛み、不安、苦痛を訴えやすい環境
    3)鎮痛剤の適切な使用
    4)点滴管理
    5)シャワー浴後、指示の外用薬処置
    1)目標1のT‐plan1)から6)の内容
    2)環境の調整、
     ・静かで、暑すぎない温度.
    3)浸出液

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    帯状疱疹患者の看護
    < 看 護 >




    1.適切な治療が受けられ、疼痛が緩和する
    2.感染を起こさない 看護のポイント ・心身の苦痛の緩和
    ・感染予防          O         T      E   備   考 1.
    1)皮疹の部位、範囲、程度、経過(小水疱、びらん、痂皮形成、脱落など)
    2)疼痛の有無、程度
    3)苦痛の訴え、表情、動作、態度、
    4)顔面、頚部に発症時は食事摂取量
    5)疼痛の随伴症状の有無と程度
    睡眠状態、疼痛閾値
    6)鎮痛剤の効果
    7)使用薬剤の副作用
    2.
    1) 皮疹の部位、範囲、程度
    2)皮疹からの浸出液の有無、臭い、量、性状など
    3)疼痛の有無、程度
    4)正常皮膚の状態
    5)掻痒感、灼熱感の有無程度
    6)擦過傷、ソウハ痕の有無
    7)治療薬の効果
    1)安楽な態度(痛みの少ない体位の工夫)
     患部が直接当たらない体位
    2)共感的態度で、痛み、不安、苦痛を訴えやすい環境
    3)鎮痛剤の適切な使用
    4)点滴管理
    5)シャワー浴後、指示の外用薬処置
    1)目標1のT‐plan1)から6)の内容
    2)環境の調整、
     ・静かで、暑すぎない温度.
    3)浸出液..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。