対外衝撃波結石破砕術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数563
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害組織治療血圧目的看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    対外衝撃波結石破砕術 (ESWL:Extracorporeal Shock Wave Lithotripsy)
    目的
    衝撃波の持つ物理的特性を活かした非観血的治療法で、発生させた衝撃波を体内の結石に伝播集中させ、破砕された結石小片を尿流により自然排出させるものである。
    対象
    腎結石、尿管結石、膀胱結石である。
    予測される危険性
    肉眼的血尿
    疼痛
    水腎症(尿流障害)
    尿路感染症
    仙痛発作
    腎機能障害
    熱発(腎組織そのものの損傷のため)
    皮膜下血腫
    腎性高血圧(腎組織の損傷により、瘢痕となって抹消血管に狭窄を生じるため)
    必要物品
    施行前
    持参物品:X-P(KUB)、入..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。