日本最大のレポートサイト HAPPYCAMPUS

検索オプション
  • 私のホーム
  • 私の資料
  • 管理ツール
  • 資料広場
  • アップロード

体位交換・良肢位

540 販売中
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数8,168
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    指導項目(  体位変換・良肢位の保持  )
    目標 到達目標 指導内容 実施日 指導方法・評価方法 正しい手技で安全安楽に体位変換ができる 1、体位変換の目的が言える。
    2、必要物品を準備できる
    3、正しい手順で体位変換ができる 身体各部位の緊張の高まりによる疲労を防ぐ
    身体各部位の圧迫を和らげる
    内臓諸器官の機能を促進する
    筋の拘縮や変形を防ぐ

    クッション
    バスタオル
    腰枕
    膝枕
    〔仰臥位から側臥位〕
    説明しカーテンで囲う
    ベットを水平にし、体位変換の反対側に立つ
    手前のベット柵をおろす
    掛け物を足元に扇子折りにたたむ
    頭の枕だけを残し他の安楽物品を取り除く
    片方の手を患者の後頭部を経て肩の下に入れ、肘窩 部で頭を支え、他の腕を背の下に深く入れ上半身を手前にひき、ベットの端に寄せる
    頭を支えていた手を抜き、腰部の下に深く入れる。他の手も大腿の下に深く差し入れ下半身をベットの端に寄せる
     *持ち上げるよりも水平にひいたほう / 1、指導前に学習しておくよう指導する。
    ・『指導内容』の所のみを、渡し事前に学習してもらう。(前日とかではなく、4~5日前には渡しておく。
    ・【目的】は口頭で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告