静脈血培養

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,259
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    感染時間感染症看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    静脈血培養
    目的
    血液中の感染症の有無及び、感染症がある場合、その原因菌を検索すると同時に薬剤感受性検査を行う。
    適応
    侵入した菌が血液中で増殖し、持続感染の状態に陥った場合(敗血症)
    中心静脈カテーテルなどの血管内留置器具が菌により汚染された場合
    肺炎、腎盂腎炎など各種化膿症で、感染局所で増殖した菌が一過性に血液内に侵入した場合(菌血症)
    チフスや回帰熱、波状熱、野兎病、炭疽熱、鼠咬症、ワイル病、ペストなどの全身感染症の場合など
    予測される危険性
    採血針刺入部位の感染、採血針による神経損傷、抜針後の出血
    必要物品
    ヨーチン(イソジン)、ハイポアルコール、セッシ、滅菌手袋、滅..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。