精神看護における訪問看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,042
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会医療障害者障害指導看護精神障害精神保健看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神看護における訪問看護
    訪問指導看護の意義
     1986(昭和61)年、精神障害者の早期発見、早期治療および社会復帰への援助活動として、これまで保健所が中心に行ってきた在宅患者への訪問指導看護を、精神科医療機関が実施できるようになった。
     訪問指導看護の対象は、入院している患者を除く外来通院等の精神障害者であり、その方法は、医師が患者、家族の許可を得て、保健師および看護師を訪問させ、看護または社会復帰指導など、地域や家庭での療養上必要な指導を週2回を限度に実施するというものである。これは精神障害者の通院医療を充実させ、また、医療中断者に対する医療サービスを提供し、在宅医療の促進を図ることを目的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。