精神科作業療法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,109
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報障害自立精神精神障害看護変化生活身体目的看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科作業療法
    目的
    患者の内面にある精神症状のなかで生活の障害になっている症状を把握し、その症状と付き合いながら自立的な生活を営み、作業していく中で社会適応能力を身につけることを目的とする。
    対象
    精神分裂病、躁鬱病、心因性精神障害、脳器質性精神障害、中毒性精神障害、児童・思春期精神障害、老年期精神障害など
    必要物品
    織物、木工、皮細工、金工、陶芸、絵画などの手工芸を中心とし、調理、清掃などの各種日常動作、各種ゲームなどが作業種目としてある。必要物品に関しては作業療法士のもとで準備される。
    方法
    対象患者の選定と作業処方箋は医師が行ない、看護方針を記入し、作業療法部へ提出する。 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。