精神科救急における看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数708
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護自殺測定方法精神事故意識薬物観察対応看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科救急における看護
    目的
    精神科における事故として、大量服薬、縊頚、リストカットなどがあげられる。病棟内での事故発生時には、落ち着いて敏速かつ適切な救命処置がなされ、スムーズに回復できることを第一とする。
    自殺企図の可能性の高い場合
    入院直後の患者:特に初回入院の患者で、病像把握が不十分な時。退院要求が頻回に見られる時。診断がはっきりしない時。焦燥感が強い時。
    自殺企図の既往がある患者
    うつ状態の患者:早朝に覚醒し、熟睡感がないと訴える患者。軽うつ状態で、特に罪責、自殺念慮が強い患者。うつ状態から回復してきた時。
    自責、罪責感が強い患者
    向精神薬の副作用としてのアカシジア、抑う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。