成長ホルモン放出因子(GRF)テスト

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数837
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    試験成長ホルモン看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    成長ホルモン放出因子(GRF)テスト
    目的
    GRF(成長ホルモン放出因子)は、下垂体に直接作用してGH(成長ホルモン)を刺激する。下垂体疾患、小人症でのGHの直接刺激試験として行われる
    対象
    下垂体疾患、小人症の疑いのある患者
    必要物品
    GRF(500μg)2ml、生理食塩水10ml、10ml注射器1本、18G注射針1本、22G注射針1本、採血スピッツ(医師の指示どうり)、採血セット、ストップウオッチ
    方法
    午前8時~9時半に検査を開始する。前日21時から検査終了まで絶飲食。検査中は、安静臥床を原則とする。
    GRF2mlを生理食塩水10mlに希釈し、1~2分かけて静脈注射する。 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。