腎不全の合併する患者 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数3,728
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護計画( 腎不全の合併する患者の看護 )

    #1循環動態の変動の可能性がある

    血圧上昇の要因(環境の変化、不安、硬膜外チューブの挿入、挿管の刺激

    血圧下降の要因(麻酔薬の作用、手術操作による出血・体液の喪失、絶飲食、透析により脱水傾向、輸液不足により体液変調の潜在的状態

    血圧のコントロールが困難である

    腎性貧血がある

    HDの患者の場合、出血傾向にあり止血困難である

    #2呼吸機能の変動の可能性がある

    覚醒遅延の潜在的存在

    麻酔薬・筋弛緩薬の残留

    過剰輸液により肺水腫を引き起こしやすい

    胸水が貯留しやすい

    #3代謝変動の可能性がある

    耐糖機能の低下がある

    電解質異常(高K血症・低Na血症)に陥りやすい

    酸塩基平衡異常(アシドーシス)に陥りやすい

    #4感染の可能性

    観血的手技によるルート感染の可能性

    易感染性である

    免疫力低下がある

    #5シャントトラブルの可能性

    #6骨関節障害の可能性

    Ca、Pの代謝異常によって骨病変、軟部組織の石灰化を起こす

    アミロイド組織などの沈着がある

    BGMを流し、声かけを適切に行い不安緩和につとめる

    バイタルサインのチェック

    Dr、指示により降圧剤・昇圧剤の準

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    標準看護計画( 腎不全の合併する患者の看護 )
    #1循環動態の変動の可能性がある
    血圧上昇の要因(環境の変化、不安、硬膜外チューブの挿入、挿管の刺激
    血圧下降の要因(麻酔薬の作用、手術操作による出血・体液の喪失、絶飲食、透析により脱水傾向、輸液不足により体液変調の潜在的状態
    血圧のコントロールが困難である
    腎性貧血がある
    HDの患者の場合、出血傾向にあり止血困難である
    #2呼吸機能の変動の可能性がある
    覚醒遅延の潜在的存在
    麻酔薬・筋弛緩薬の残留
    過剰輸液により肺水腫を引き起こしやすい
    胸水が貯留しやすい
    #3代謝変動の可能性がある
    耐糖機能の低下がある
    電解質異常(高K血症・低Na血症)に陥りやすい
    酸塩基平衡異常(アシドーシス)に陥りやすい
    #4感染の可能性
    観血的手技によるルート感染の可能性
    易感染性である
    免疫力低下がある
    #5シャントトラブルの可能性
    #6骨関節障害の可能性
    Ca、Pの代謝異常によって骨病変、軟部組織の石灰化を起こす
    アミロイド組織などの沈着がある
    BGMを流し、声かけを適切に行い不安緩和につとめる
    バイタルサインのチェック
    Dr、指示により降圧剤・昇圧剤の準..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。