腎生検

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数761
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法血圧神経時間呼吸観察看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    腎生検
    目的
    腎の皮質を穿刺し、採取した細片中の糸球体から腎部の病変を組織学的に診断する。
    対象
    腎疾患の患者で、確定診断が必要な場合
    禁忌
    腎動脈瘤、腎周囲腫瘍、腎盂腎炎、腎結核、水腎症、腎腫瘍、のう腫性疾患、萎縮腎、出血傾向の患者
    操作が危険あるいは困難な患者 高度の高血圧症、高度の腎不全、全身衰弱、片腎、肥満者
    予測される危険性
    迷走神経反射(嘔気、嘔吐、徐脈、血圧低下)、血尿、疼痛、発熱、腎周囲血腫、膀胱内血腫、出血性ショック
    必要物品
    検尿コップ(透明で肉眼的血尿の有無がわかるもの5個)、前投薬(アトクイック0.05%シリンジ1A)、腎生検針、滅菌デッキ(大)2枚、滅菌手袋(各サイズ)、滅菌濾紙3枚、滅菌ガーゼ、防水シーツ、ディスポメス1本、腹帯、アイスノン(タオルまたはガーゼに包む)、体交枕、消毒薬(イソジン)、局所麻酔薬(1%キシロカイン20ml1本)、注射器10ml1本、18G針1本、22Gカテラン針1本、医師指示薬品(抗生剤セファメジンキット1g、点滴ソリタT1 500ml アドナ25mg2A トランサミンS1000㎎1A)
    方法
    検査前の準備 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。