針刺し事故防止マニュアル

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,101
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護安全方法事故ネット感染感染症保存看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    針刺し事故防止マニュアル    
    場面 具体策 備考 器械展開時
    器械展開時、メス刃は必ずマグネットの上にだす。手洗い看護師と器械開けをした看護師が異なる場合は、器械台にだしたメス刃の数を必ず申し送ること。 メス刃の保存方法 メスは器械台の左端におく。
    メスの刃を自分の方(手前側)に向け、先端は術野と逆方向に向ける。
    しばらく使わない場合はメスの刃をマグネットの下に入れて先を覆っておく。
    医師の手が器械台に近づいても危険がないようにする。 持針器の保存方法 持針器は必ず器械フックに乗せ、器械台の左端におく。
    持針器の先端は術野と逆方向に向ける。 医師の手が器械台に近づいても危険がないようにす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。