新生児蘇生法(挿管)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,762
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    タイ呼吸看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新生児蘇生法(挿管)
    目的
    気管内挿管は蘇生の基本であり、新生児医療の中では頻繁に行われる手技である。気管内挿管を迅速かつ的確に行う事は、児の予後をも左右する。
    気道の確保
    効果的な補助換気
    気管内分泌物の洗浄、吸引
    サーファクタントの投与
    適応
    極度の換気不全状態
    無呼吸発作の頻発
    ショック状態
    痙攣重積状態
    重症仮死
    必要物品
    喉頭鏡、気管内チューブ、スタイレット、アンビューバック、固定用テープ(ELATEX)、聴診器、気管内吸引用チューブ、口腔内吸引用チューブ、インファントウォーマー、滅菌蒸留水、滅菌カップ
     
    固定用テープをこのようにカットする
    物品の準備
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。